電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

今世界で「脱炭素化」という動きが広まっています。

それに伴って二酸化炭素 co2 などの温室効果ガス排出の視点から「火力発電」に関してのニュースをよく見かけるようになりました。
2011年の東日本大震災より原子力発電が抑えられ、日本では現在火力発電に多くを頼らざるを得ない状況になっているのだそうです。

火力発電に使用される主な化石燃料、
つまり石油や石炭の使用はより多くの温室効果ガスを排出することになり、地球温暖化を引き起こす大きな要因となっています。

そのため、
原子力や火力などの発電方法に注目する動きが出てくるのは当然のことですが、ここでは
発電そのものの量を抑えることによって温室効果ガスの削減につなげる
つまり
電気の使い方」というところに目を向けていきたいと思います。

(うまくまとめられず同じような内容が繰り返されている記事かと思います、ご容赦ください)

ハードとソフトの両方から

「発電」に関してをハード面、「節電」に関してをソフト面として、
その両方への対策が同時に進むことによって温室効果ガス削減への相乗効果が生み出せると思っています。

どちらか一方だけではなく両面から進めていくことが重要であって、
ハード面に加えソフト面も変えていかなければ今直面している多くの危機を避けることは難しいのではないでしょうか。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

山や旅からの経験を通して、私は日常生活でもヘッドランプやランタンの明かりを主として生活をしています
(→ 家でヘッドランプで過ごす暮らし monochicken.com 内)。
そんな日常から「実はそんなにも使う必要がなかった分の電気使用」というものに気付き、
そしてそこから電気の使い方というものを考えるようになりました。

そのうちの一つに、
家庭生活において天井にある一般的な照明器具から出るような「明かり」は私には実は必要がなかったことが分かり、
つまりそれは私にとっての余計な電力の使用であり、私にとっての電気の過剰使用分となっていました。

人それぞれの電気の過剰使用分というものが必ずあると思います。

当たり前に行っていた行動、何の疑問も持たずに過ごしていた日常生活のスタイルに少し変化を加えたことで多くのことが見えたと思います。

その電気の過剰使用分を補うために、
発電所はより多くの電気を作らなければならず、それに伴ってより多くの温室効果ガスが
排出されています。
そしてそれによって地球温暖化へより一層加速して向かっていっているだけでなく、化石燃料の枯渇にもより加速して向かっていっている。

電気を作るためのハード面、つまり発電方法を考えることも重要ですが、
その根底にある電気の使い方、そして電気の過剰使用というものについても考える必要が大いにあると思います。

人それぞれの電気の過剰使用分を集めればどれだけの電力が集まるのでしょうか。
その数字は分かりませんが、それは凄まじい量の電力だと安易に想像することができます。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

私は自分の生活においての、
自分には必要がなかった過剰な明かりを抑えることで、実は使う必要がなかった電力を抑えることができました。
それは請求書で、目に見える形ですぐに現れました。

一人一人、そして一企業一企業が
それぞれ余計だったと思う明かり、実は使う必要がなかったと思う電力について考え、行動することで、
より多くの発電が抑えられる、
つまりそれはより多くの化石燃料の使用、そしてより多くの温室効果ガスの排出が抑えられることにつながるのだと思います。

より豊かな生活、より便利な世の中のためにより多くの明かり、つまりより多くの電力が至るところで使われています。
それは豊かさや便利な世の中のための必要な電力なのかもしれませんが、
今はその使い方を真剣に考え、変えていかなければならないところまで私たちの環境は追い込まれていると思います。

その「電気の使い方」を考えること
それが今すぐに必要な、ゼロからイチへの大きな一歩となると思っています。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

都市部の過剰な明かりと過剰な夜型

明かりに関してよく思うことに都市部や町部の明かりの使い方があります。

「明かりがあるから人は活動する」

山や旅では明かりが多くありません。
日が暮れればほとんどの人が就寝したり休みに入ります。特にテントでは皆さんそうなります。

都市部では多くの明かりが使用されてどこでも明るいがために、人は活動し人は出歩きます。

都市部の過剰な明かりの使い方は過剰な電力使用の大きな要因であって、そのために多くの電力を発電しなければなりません。
そしてそれは多くの化石燃料の消費、多くの温室効果ガス排出につながっています。

多くの危機に直面している現代では過剰なサービス、過剰な利便性を追求している場合ではなくなりました。
万人に対応できる便利なサービスや利便性が追求できる時代はもうとっくに終わりを迎えていました。
24時間営業というものが見直されてきていることはとても歓迎したいところです。

便利を求め、便利で満たし続けてきた反動が今現れ始めています。
私も含め一人一人がそこを考えずにいつまでも来てしまい、地球温暖化という大きな危機を生み出すことになりました。
自分が住んでいる地球について一人一人、一企業一企業、そして一国一国が真剣に考えて、今すぐに行動しなければならないと思います。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

またそれに巻き込まれる自然や動物たちがいることも考えていかなければなりません。

地球のことなんてどうでもいい、他のことなんてどうでもいい、自分が良ければいい。人間の根底はそうだと思います。
ですが、今迎えてる様々な危機は自分や自分の家族が必ず被る問題だということを忘れてはいけません。
隣の問題ではなく、世界中の全ての人々に関わる大きな問題です。
そこには「自分」や「自分の家族」はもちろん含まれます。

それほどの規模の危機にも関わらず、その危機感がほとんど現れていない世の中だと思っています。
ごく一部の人間だけの行動では、その危機を回避することは到底不可能だと思っています。
今のままでは多くの人がそこに気付いた時には、もうどうにもならない世の中になっている可能性がある、非常にあると思っています。

行動が遅ければ遅いほどもうどうにもならなくなる
だから今すぐ行動するしかありません。

家庭での電気の使い方を見直すことが発電量の削減につながり、誰にでも今すぐに温室効果ガス削減という環境への良い効果を生み出すことができます。
明かりをつけまくらない、冷蔵庫の開閉に気を付ける、エアコンに依存しすぎない、水道水を大切に使う、漠然とテレビをつけない、夜型生活をやめるなど誰にでもやれることはたくさんあります。
しかし気になるところに「家庭以外の環境にある明かり」があります。
これがかなりの大きな電力を消費してしまっている気がしています。

ありすぎる街灯、明るくなっても点灯し続けている外灯や建物の明かり、看板等で使う過剰な電力、遅くまでの営業、明るすぎるコンビニやガソリンスタンド等の店舗、過剰なイルミネーション、煌々と光っている自動販売機、遅くまで走り続ける電車、過剰な仕事時間、いまだにある24時間店舗など気になるところは多くあります。

夜間帯の活動は、
性犯罪、誘拐、ひったくりなどの恐ろしい犯罪に繋がりやすいだけでなく、
深夜業に従事する従業員は半年に1度の健康診断が法律で義務付けられているように健康面においても深夜帯での活動は良くはないとされています。
世の中が「脱炭素化」へ向かっていくのであれば、
エネルギー使用の大きなウェートを占めている明かり、つまり電気についてはもちろん、
健康面や犯罪被害等も視野に入れた「脱夜型」についても世界的に考えていってほしい重要な事項だと私は思います。

明かりの多用。
それに伴う発電からの温室効果ガス排出による影響はもちろんのこと、犯罪や健康に関する側面があることも考えなければならない思います。
街灯の間引き、点灯時間の短縮、照度の削減なども一つの方法ではないでしょうか。

「明かりを減らせば安全ではない」
という考えがありますが、明かりの少ない地方部が必ずしも危険ということはありません。
根本的なところの夜型社会というところが多くの危険性をはらんでいるのだと思います。

実情

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

世界全体の二酸化炭素排出量において日本は、
中国、アメリカ、インド、ロシアに次いで世界で5番目に多く二酸化炭素を排出しているのだそうです。

※ 出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

また、
電力消費量の割合では中国、アメリカ、インドに次いで日本となっていて、
一人あたりの電力消費量は火力発電に頼っている日本が4番目というさらによろしくないデータがありました(水力が豊富なカナダがトップ)。

※出典)JAERO 日本原子力文化財団
原子力・エネルギー図面集 より

言い方を変えれば、
我々日本人が世界で 4番目 に多くの電気を使って暮らしている」。

これは深く受け止めなければならないことだと思います。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

また、
日本のco2排出量を部門別に見ると、
発電所等のエネルギー転換部門が日本全体の1/3以上を占め、
次いで工場等の産業部門、自動車等の運輸部門と続きます。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

そして間接排出量においては家庭部門からの影響が多いことも分かります。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

家庭から排出されるco2のうち燃料の種類別では、
電気が50%近くを占め、次いでガソリンが20%程を占めています。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

そしてco2排出量の用途別では、
照明や家電製品がトップを占め、自動車、暖房、給湯と続いていました。

※上図4つ
出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

これらから見て取れるのは環境に与える影響の大きなところには電気があり、
そして一番手身近な家庭の中では特に照明や家電製品の使い方が環境への影響にとても関わっていたことが分かりました。

電気の使い方を真剣に考えなければなりません。

脱炭素化という世の中に伴い、
国や企業、そして一人一人が意識を変えずにこのまま電気を好きに使い続ければ、現状よりさらに火力発電が問題視される可能性が出てきます。
そうなると、発電時にco2を発生させない再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力など)や原子力発電に移行させざるを得なくなってくるのではないのでしょうか。
しかし再生可能エネルギーにも原子力にもまだまだ多くの問題があり、
それによる電気料金の高騰や原子力のリスクを再び負わなければならなくなる可能性も大いに出てくると思います。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

電気の使い方

原子力発電や火力発電に関するニュースを耳にするたびに思うことがあります。

その発電方法を議論している人々の中に「電気の使い方」を大事にしている人はどれだけいるのでしょうか。
そのようなソフト面にメディアのフォーカスがただいってないだけかもしれませんが、
電気をたくさん使って生活している人、必要以上に明るい明かりを使っている人、また不必要な夜更かしをたくさんしている人たちなども中には含まれているのではないでしょうか。

その電気を作るために発電所は稼働しなければならず、必要以上に電気を使っている状態でその発電方法ばかりを考えることには何かが引っかかります。

私は発電所の近くに住んでいません、だから綺麗事が言えるのだとは思っています。
例えに出すべき内容ではなかったかもしれませんが、
発電方法を議論する前提に持つべきマナーとして、
「電気の使い方」を真剣に考えて、
それぞれが思う必要がなかった電力、または必要だとしても抑えられる電力を一つでも見付けてそれを抑えることがまずは必要なのではないでしょうか。
使いたいだけ使っている電力を補う方法を考えるだけではなく発電そのものの量を減らすこともとても重要なことなのではないかと思います。

発電の仕方を変えて、また何かの使用をやめて温室効果ガスの大半を占めるco2排出量を抑えるという考えももちろんありますが、
それと同時にその根本にある「電気の使い方自体」を一人一人、一企業一企業、そして各国が考えていくことが大事なのだと思います。

過剰に使用しているエネルギー、過剰に使用している電気は身の回りや近所に無数に存在しています。
そこを意識して変えていくことが過剰な発電を抑えることにつながり、同時に過剰な化石燃料の使用を抑えることにもつながり、そして過剰な温室効果ガスの排出を抑えられることにつながるのだと思っています。

アーティストの記事でも述べたように、
人の意識に働きかける、それが一番難しいことだと思います。
ですがハード面だけではなくソフト面にも多くの力を注いで、その両面で進めていかなければならないと思っています。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

人の意識がこのまま変わらなければ、
電気代の高騰、電気の使用制限、そして計画停電などの手段を取らざるを得なくなってくる可能性も出てきます。
そしていざ地球危機が大きくなってくれば、
今現在のコロナウイルス蔓延での事態のように何かの買い占めや品切れ等が続出してくる可能性も出てくるのではないでしょうか。
そうなると本当に必要な電力すら得られなくなり、その被害を大きく受けるのは高齢者や小さな子供、または何かを患っている人々や発展途上国の人々からになります。

豊かな国で便利に、そして快適に生きてきた私たちは率先して行動していかなければならないのではないでしょうか。

タバコの記事で述べましたが、私は近隣の副流煙を耐え続けたことが引き金となって肺疾患を患った可能性が高いと思っています。
今現在でもその煙によって呼吸に支障をきたされるため、せめてマスクを着用して生活をしたいのですがマスクが手に入りません。

「必要な人に必要なものが回らない」
それを身を持って学ぶことになりました。私よりもマスクを必要としている人たちはたくさんいると思います。
しかし買いだめ等によってそのような方々さえもマスクを手に入れることができません。

これはとても難しい問題だと思います。
私はこのタイミングで肺疾患を患ったことで気付いたことでもあります。
そのため私も完全に健康な状態であれば深くは考えずにマスクを備蓄していたかもしれません。
そのためその行為を責めるという感覚には至りませんが、ただ、その買い占められている品々を「より必要としている人がいる」「なくてはならない人たちがいる」ということを常に忘れないようにしなければならないと思っています。

話はそれましたが、
電気の過剰使用やこれまで当たり前にしてきた数々の行動によって地球環境が壊され始めた今、
一人一人、一企業一企業、そして各国が真剣に考えてその使い方を変えていかなければこの先同様の、またはそれ以上のパニックを迎える日が来るのではないでしょうか。
私はそのような世の中は微塵も望んでいないので、微々たる行動かもしれませんが行動し続けていきます。

多くの危機に直面している今 全員が考えて動いていきたい

必要な電気、不必要な電気は人それぞれ異なります。
電気を使うなということではなくて
自分にとっての不必要な電気を探すこと、そしてそれを抑えること、抑えようとすること
それが重要なのだと思います。
一人一人のその行動で多くの電力、そして多くの環境が守られると思います。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

おかしな考え方かもしれませんが、私にとって
洗面台で手を洗うのに洗面所の四隅、つまり洗面所の全体を照らすような明かりは必要がなく、
同様にトイレで用を足すのにトイレの隅々まで明るい必要はありませんでした。
また、頭を洗っている時にバスルームの明かりは必要がなく、日の入るところがあればわざわざ明かりをつけて暗がりで作業する必要もありませんでした。

そのような感覚から大概のことは手元を照らす明かりがあれば問題がなく、それにはやはりヘッドランプが適していて、
そして空間に明かりが少し欲しい時にはランタンで十分に事足りることが分かりました。
夜に活動域を持って行かないこと、私はそれができる環境にいるので日没後は早めに休んでいます。

ヘッドランプは少し「照らす」のに役に立ち、ランタンは少し「明るくする」のに役に立つ。
多くを明るくする必要は私にはありませんでした
山や旅にウェートを置いた生活が私に多くのことを気付かせて、多くのことをもたらせてくれたのだと思います。

ここでは「明かり」についての考察でしたが、
何か一つについて考えられれば、
他にも冷蔵庫やテレビ、エアコンの使い方や実は電気使用につながっている水道水の使い方などを派生して考えることもたやすいと思います。
また、他の多くのエネルギーに関しても。

一つの気付きから大きな広がりを見せると思います。
つまり一つの気付きから環境への大きな力が生まれると思っています。

ちょっとしたことで気付ける人はたくさんいます。
そのちょっとしたことになれるような発信が世の中に数多く増えることを願っています。

誰しもが好き勝手にやっていい時代はもうとっくに終わっていると思います。
このまま誰しもが好き勝手にやり続けたら、好き勝手にエネルギーを使い続けたら・・・
どうなるのか真剣に考えてみてほしいと思います。

煽るようなことを言うのは好みません。ですが言わざるを得ない状況のような気がしています。
真剣に考えることを避け続け、誰しもがこのまま変わらない日常を送り続けてしまえば、今ある日常は近いうちになくなると思います。
自分のことばかり考え続けた結果、その自分が存在する地球が壊れ、自分のために考え続けたそのことも壊れてなくなると思います。

電気、明かりの使い方からの地球温暖化への道筋/ヘッドランプの生活から見えた温室効果ガス削減へのソフト面からのプロセス 画像

危機感を感じないと人は動くことが難しい生き物だと思っています。もちろん私もそうです。
その感じ方はその人によってしまうので、
はるか以前から危機感を持って動いている人、最近気付いて危機感を持ち始めた人、行動をし始めた人、またはまだ危機感を感じていない人などバラツキが出るのは当然だと思います。

しかしもうすでに多くの人が動かなければ回避できないところまで地球の危機は来てしまっていると思います。
一人でも多くの人がその危機感を感じ、そして一人でも多くの行動が始まっていかなければならない今だと思っています。

暗くなったら明かりをつける、暑ければ寒ければエアコンをつける、退屈ならテレビやパソコンをつける・・・。
これまでの当たり前にしていたその行動によって地球温暖化は引き起こされています。
そのため、その当たり前にしていた行動を見直さなければその危機は回避できないことになると思っています。
その当たり前がなくならないように、その当たり前にしてきた行動を見直していかなければならないと思います。

あとがき

人の意識のところで思うことに「地球温暖化」という言葉について思うところがあります。

「温暖」

という言葉から人々はネガティブな印象、危機的な印象を持ちにくいと思います。
そのために行動が遅れている現実もあるとは思います。
「食糧枯渇」「日本沈没」「洪水地獄」「動物絶滅」「熱帯病蔓延」「森林焼失」「地球砂漠化」「氷河期再来」。
何が人の行動を促すのでしょうか。

また、
電気、明かりの使い方の見直しとして、
必要な時だけ明るくなるセンサータイプの明かりもとても良いものだと思いました。
売り場や階段等でそれを採用している企業があり、
それはエネルギー、電気の過剰使用を抑えた素晴らしい取り組みだと思います。
仮にその目的が「コスト削減」的なことだとしても、
それは余計な発電量の削減、余計なco2排出量の削減等の環境保全につながっているのでそのような動きは多くの企業に広がっていって欲しいところです。

また、
脱炭素化を目指している現在の環境大臣は、そのために自分の生活においてどのような環境への配慮を行なっているのかを具体的に数多く示してほしいと個人的には思います。
リーダーの示す行動は国民に大きな影響を与えるものになるので、仮に嘘だとしても大袈裟だとしてもそれを数多く示していってほしいと心底思います。
多くの危機に直面している今だからこそ、立場のある人はその影響力をここで強く見せて欲しいと思います。
権力のある、名声のある人ほど一早い行動を示してくれることを切に願っています。

また、
仮に隣の誰かがミサイルを作って海に落とせば、私たちがどんなにエネルギーを大事にしたところで到底そのエネルギーを賄うことはできないと思います。
中にはそういう人が必ずいるため、行動できる私たちが多くをやらなければなりません。
それは無謀で大変なことかもしれませんが、諦めてしまえば好き勝手にやる人間だらけになってしまい地球は明日にでも終わります。
だから行動できる私たち、気付ける私たちがやるしかありません。

また、
「超高齢社会」である日本。
地球の危機に対し、これがまたとても大きな問題であることに気付きます。
これはまた別の記事とするかもしれませんが、
高齢の方が多くなればなるほど地球環境について考える、行動する人が少なくなるのは当然のことだと思います。
そうなると集められる一人一人の力が弱まることになるので、考えられる、行動できる人々はより一層の力を出していかなければならないのではないでしょうか。
たくさんの未来がある若い人ほど、その力を発揮しなければならない時なのかもしれません。